Advanced Installerを試す

近年高価すぎるInstall Shield。他にAdvanced Installerというものがありました。イギリスのようです。フリー版、Pro版$500、エンターブライズ$1800と、小チームでも手が出せそうな価格です。Free版を試してみました。

1.インストール

HPから普通にダウンロードします。問題なくインストールできました。ライセンスキーの発行はなかったです。

2. 作成できるもの

インストーラ本体は.msiで生成されます。一つのSetup.exeには固めてはくれないです。インストールファイルがばらけると運用が面倒でなので重要です。

プロジェクト種類は以下のとおり。VB6が入っているのが泣かせます。

3. 定義方法

ウィザードに答えていけば、定義ができます。以下、スクリーンショットの一部です。

お決まりのインストール後のレジストリキーも定義されます。UIは、Installshield風でかわいい感じです。

4. 仕

InstallShieldのようなスキンは、Pro版でできるようです。

シングルexeはPro版でできるようです。

インストール条件も選択できるようになっています。「Setup Project」では、自分で書かないといけないので、こちらが一歩出ていますね。

しかし、アップデート時に重要なUpgraudeコードの指定がみられませんでした。自動でしょうか?

5. 実行

ビルドしたインストーラの実行結果です。日本語にも対応してますね。ライセンス文の追加やバーナー部の画像変更ができるかは未確認です。

結論としては「使える」といえます。Visual Stdio「Setup Project」と大まか同等。しかし、インストーラは様々なPC環境もありデリケートです。時間をかけて評価したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。