Microsoft Storeに有償でアプリを公開する1

自社の開発で制作したツールアプリを、公開し、費用回収と広く社会貢献できないか思案しております。Vector等ですと、日本のみです(かね?)。そこでWolrd Wideに市場を広く、Microsoft Store に有償公開し始めました。(といっても1、2ドル程度) ゲーム等でなく、ユーティリティアプリでも公開可能です。

有償での公開方法は、ネットで紹介がすくなく苦労しましたので、当ブログで紹介したいと思います。

【準備するもの】

  1. USAから日本に送金が可能な銀行口座。例えば、三菱UFJは可能です。みずほ、GMOあおぞらはNGです。
  2. Paypalアカウント。法人でも作成できます。GMOのVISAデビットでも作成できました。登録のハガキが2回きますので、2~3week要します。
  3. Visual Stdio 「Windowsアプリケーション パッケージ プロジェクト」。msiではなく、AndroidのapkのようなStore用のインストールパッケージを生成するためのプロダクトです。visual stdioに追加インストールできます。弊方では、VS2019を使いました。

【全体手順】

  1. Microsoftパートナーのアカウント作成
  2. 「支払いのプロファイル」の作成と審査
  3. 「税のプロファイル」の作成と審査
  4. アプリケーション名の申請
  5. アプリケーションパッケージの作成とテスト
  6. パッケージの登録と審査

以降、順をおって解説していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。