InstallShield Limited Editionは未だ使えるか?

昔、InstallShieldはExpress版で10万円以下、Pro版で20万円程度でした。現在は、100万円以上かかってしまうようです。小組織では導入が厳しいです。「Visual Stdio Setup Project」ではかゆいところに手がとどきませんし、 「InstallShield Script Project」で作ったインストーラもあります 。そこでVisual Stdio 2015に付随する「InstallShield Limited Edition」が未だ使えるか調べてみました。

Visual Stdio 2015を新規インストールし、機能追加まではいけましたが、ダウンロードでNGでした。

現在の配布状況を検索してみると、公式フォーラムに以下の情報がありました。

https://community.flexera.com/t5/InstallShield-News/Product-Announcement-InstallShield-Limited-Edition-Discontinued/ba-p/217448

以下のような内容でした。

InstallShield LimitedEditionは廃止します。
将来のバージョンがリリースされないことを意味します。現在のバージョンはダウンロードできなくなり、製品サポートは提供されなくなります。
現在使用中のユーザは継続して使用できます。
今後サポートが必要な場合は、新しいバージョンの何れかのエディションにアップデートしてください。

公開日は’21.12.14。もう少しはやければ、、、おしかったです。

VS2022の「Setup Project」も、特に機能UPしていないし、Window Installerを直接はつらい非効率。

「wise istaller」はなくなり 「Installanyware」もすでに100万円台。 「MSI Factory」というのは、1ユーザで5.6万と、手が出せそうな価格でですね。

MSI インストーラ作成ツール Indigo Rose社 MSI Factory:エクセルソフト (xlsoft.com)

「Advanced Installer」というものありますね。Freeware, Professional($499), Enterprise($1799) の3種があるようです。

Introduction to Advanced Installer

試してみたいと思います。

Win11でMsOffice2003が動作するか?

win11の動作確認続きです。AndroidStdio、SEGGER、CS+、e2studio主だったIDEはOKでした。

MS Officeの完成形は2003だと思います。軽くで最小の機能、お節介機能が無い。ショートカット操作を多用する弊方としては2007以降はマウス操作しか受け付けない部分があり非効率です。ドキュメントを 効率よく作成するのに今だ用いています。

MS Office 2003 Professional パッケージ版を、win11にインストールしてみました。 パッケージ版は、ディスクトップ一台とサブノート 一台 にインストールできます。中古で安く導入可能です。(違法ライセンスに要注意)

Execl、Word、Power Pointともに、特に問題なくインストールでき、動作しました。

オンラインのライセンス認証も、まだできますね。(Windows XPは ライセンス認証はサーバが終了していますが、、、)

2007互換パックも入りますね。

使用に関しては賛否両論あろうかとおもいますが、ファイルは生だしせず、最新Officeに変換したり、PDF化すれば、リリース先でのトラブルは防げるでしありましょう。

Win11でVB6アプリは動作するか?

今だVB6アプリも少なからず残っています。Mircosoftの公式サイトでも、ランタイムの互換が公表されました。Execl VBAを.netにするわけにもいかず、サポートし続けるを得ないのでありましょう。.NETコントロールは複雑すぎて、一般人にはつらいと思います。いままで見たIDEの中で、最速でアプリを作成できるのは、やはりVB6です。

弊方でも実際のところを確認してみました。

  1. アプリの動作

弊方が開発中のチャートグラフミドルのテストアプリのVB6版を動作させてみました。普通に動きました。ミドルのocxは、regsvr32コマンドでこれまで通り登録できました。Mircosoftのvb6のランタイムセット(vbrun60sp6.exe)はインストールが必要です。

2. IDE本体の動作

VB6のIDEは、MSDNでも未だ配布されています。ライセンスの問題はないので、WIn11にも入れてみました。インストール&基本動作はOKでした。

ただWin10と同様にインストールオプション選別が必要です。吊るしのままですと以下のエラーがでます。この辺りは他者さんのサイトに情報があります。

IT会社さんは、VB6アプリをみると、しきりに.netへの移植を勧めます。 純粋移植作業は見積もし易く、単純作業で、問題が発生してもオリジナルコードのせいにでき、低リスクで稼ぎやすい案件です。(アランブラ→Cは別ですが、、、) 規模が大きければ尚更。.NETに移行する機能的/運用的な目的をはっきりさせましょう。まだ動くコードを大事にしたいですね。

Win11でVC++6.0アプリは動作するか?

Windows上では古いプラットフォームで作られたアプリがたくさんあります。インストーラレスで動作させるアプリを作るためにVC++6.0で作成する場合もあります。mfc42.dllは、Win98以降OSプレにブレインストールされています。

この度、Windows11がリリースされました。はたして VC++6.0 のアプリは動作するのか、確認してみました。

  1. PC

Windows11は、CPUの前提条件が厳しいです。しかし最新PCを購入するとタイヘンです。

まずHyper-VでWin11インストールを試みましたが、ホストPCが未対応だとNGです。

PCメーカのWindows11対応機種を確認して、「VAIO Pro PG 13 ICore5 16GHz 8250Uモデル」を導入しました。 某有名リース会社さんの放出品で、3万円代半ばでリーズナブルに用意できました。

無償アップデートてインストールは問題なし。PC型番は以下の通り。ドライバも全部当たっています。

なおiCoreの8世代目以降がWin11の条件です。かなり古いPCで Win11で販売している中古PCは、Windows Updateができないなどトラブルがあるらしいです。

2. テストアプリの作成

Win8 のPCで、 VC++6.0で適当なアプリを作ります。Win10以降では、VC++6.0のIDEを起動するには、IDEのexe名変更を要します。

3. テストアプリの実行

win11にexeをコピーして、起動してみます。デジタル署名などセキュリティでけられるかと思いましたが、普通に動きますね。

VC6は、 セキュリティや安定性の問題もありますが、用途次第といったところだと弊方は考えます。なんでも.netにすればよいわけではないです。なおMFCは、今だVS2022でもサポートされていて移行は簡易です。(インストーラ再構築と一連テストは必要) 効率のよい最新のVisual Stdioでデバックして、 コードだけVC6に戻す手もあります。

e-taxで事前確定給与届出を行う

法人の役員賞与は、事前に申請が必要です。WEB情報では、税務署の窓口でしか行えないのか、e-taxでできるのかよくわかりません。 e-tax でも「添付文書」で送る必要があるのかなど曖昧です。とりあえず e-tax で試してみました

なんとなく、e-tax WEB版の方かと思いましたが、項目は見つかりませんでした。

e-taxアプリを開いてみると、帳票追加のメニューに普通に出てきますね。

まず、「事前確定届出給与に関する届出書」を記入します。

次に、「付表1事前確定届出給与等の状況(金銭交付用」を記入します。

あとは、署名し、送信すればOK。

管理機能を構築しないで予約表などをHPで公開するには?

ホームページ上に、「予約表」を掲載したいというご相談がありました。

普通に考えると、以下の対応が必要になります。

  • サーバにデータベースを構築。
  • PHPやperlで、CGIスクリプトを作成。
  • 予約登録用のWEBページを作成。
  • 登録用ページは管理者しかアクセスできないようにIP制限などをかける。

しかしながらここまで行うと、それなりに費用がかかります。HPの相場はよくわかりませんが、10万円程度では済まないでしょう。

そこで、Googleカレンダーが使えないか調べてみました。

【課題1】Googleのアカウントに予約用のカレンダーが追加できるか? 結果、下図のようにできますね。

【課題2】ログインせずに誰にでも公開できるか? これもその設定が用意されていますね。

【課題3】固定のURLが生成できるか? これも下図のように可能ですね。

【課題4】 カレンダを自己のHPに組み込めるか? 下図のようにiframeで組み込めました。

表示結果はこちら。

【課題5】 第三者からのスケジュール変更を抑止できるか? これはデフォルト状態で、変更抑止されていますね。

【課題6】カレンダーの表示内容をカスタマイズできるか? サイズや項目の非表示はできますね。 カスタマイズ内容に応じてCGIのパラメタが生成されるので、iframeの内容を再貼付けが必要です。

これで管理機能を構築せず、予約表などをHPに公開できますね。googleさまさまです。

SEGGERでfont設定が記憶されない

エディタのfont はやっぱり「MSゴシック」。 しかしてSEGGERにてfont設定が記憶されないことに気づきました。

他のfontを試してみると、半角の部分は記憶される模様です。テキストエディタの表示には反映されていません。

総合判断すると Font名が日本語が含まれるとダメと推察しました。試してみると、 設定保存もテキストエディタ表示もOKでした。

結果、全角文字を含まないFont名の日本語フォントを指定する必要があるようです。

SEGGERでtab幅が変わらない

汎用の組込みソフト向けIDE「SEGGER」は、デフォルトでタブ幅が8のようです。まあよくあることなので、4に変えてみましたが設定が効きません。”Text Editor”の”Indent”ではないのか? ヨーロッパの人たちはスペース埋めなのでしよぅか?

英語サイトを調べると、答えがありました。設定先は”Languages”のほうでした。

e-taxで赤字決算申請する2

引き続きe-taxで決算税務申請 です。 こちらは「eLTAX」になります。赤字でも県民税と市町村民税の均等割りの支払いが必要です。 こちらは別システム「eLTAX」になります。 県用と市用は共通です。

アカウント作成

県と市用のアカウントを、eLTAXのWEBページから「 PCdesk(WEB版) 」に行き申請します。手順通り問題なく申請できました。この時点で電子証明書が必要になります。

「地方税用PCアプリ版」について

eLTAXのWEBページから、「PCdesk(DL版)」をダウンロードします。 ダウンロード にはパスワードが発行されます。インストールは普通にできました。

県民税の申請

PCdesk(DL版) を起動し、県用のアカウントでログインします。「申告に関する手続き」→「申告データの作成」→「提出先選択」し、「法人都道府県民税・事業税」を選択します。 県用のアカウント を使用しないと、 「法人都道府県民税・事業税」 のメニューが選択できないので焦ります。操作の国税用より多いです。

「国税情報を使用しての作成」という機能は、法人の基本情報がインポートされるだけで、会計数値はインポートされませんので、あまり役に立ちません。

申告様式選択で、「中間・確定申告」→「提出先選択」→「データ一覧」とすすむと、「第六号様式」の申請画面が開きます。こちらを入力して保存します。保存時に自動チェックが行われます。この点はe-taxよりGoodです。

次に「 第六号様式 別表九」も入力し、保存します。

申請書が入力できたら、「申請データ一覧」の右下ボタンから「署名」を行います。この時、電子証明書が必要になります。カードリーダーをPC繋ぎ、マイナンバーカードを差し、次に進むとマイナンバーカードの署名用電子証明書パスワード(長い方)を聞いてきます。入力するとすとすんなり通過します。

引続き「送信しますか?」と聞いてくるので、それに従い、「申請データ一覧」から「送信」ボタンを押すと、再ログインを求められます。再ログインすると送信されます。

これで終了かと思いきや 、納付書の発行の操作が必要です。当方は気づかず数日 納付書 が来るのを待っていました。(もしかしてコロナで免除になった???)

「申告データ送信結果一覧」の右下の「納付発行依頼」を選択すると「納付対象申告一覧」が現れ、今回の申請を選択し、「次へ」を選択します。

次に口座情報入力に進みますが、ネットバンクなど税金の支払いのできる銀行口座できない場合は、スルーして進みます。「証明書表示」→「納付・納入金額一覧」 → 「 納付・納入金額確認」と進み、ようやく納付情報確認画面が表示されます。 口座振込みしない場合 は、ここでペイジー(ATMからの振込み)の各種番号を記録します。

送信されたかどうかは、「メッセージ一覧」で確認できます。申請の受付は瞬時に完了するようです。

納付情報の受付も瞬時に終わるようです。人の手でチェックしたりはしないんですね。

もしも送信時に、納付書の発行操作を忘れた場合は、メインメニューから「納付情報の確認・納付」から「納付対象申告一覧」を開きます。初期表示ではなにも表示されていません。申請内容が消えたのか、納付書操作はワンチャンスなのか焦ります。事業年度期間を入力し、検索を押すと、申請内容が現れます。この時、 期間が会計期間と日付まで一致させないと、検索がヒットしません。あとの操作は通常と同じです。

市町村民税の申請

PCdesk(DL版) を起動し、市用のアカウントでログインします。あとは県の場合と同じです。作成する申請書は、「第二十号様式」のみです。

そのた

起業初年度で、起業月の途中日から開始した場合は、均等割の計7万円が日割りで割引かれます。初年度は知らずに申請しましたがシステム上チェックはかかりません。後から、県の方から手紙が来て返却されました。県の方から「市の方も申請すれぱ返却できるはず」と言われいすました。(市からは特に連絡なし)

まとめ

eLTAXの操作は、余計な画面や確認が多くて難しいです。何分、手書きして税務署に行くよりははるかに効率的です。しかしながら、操作がWEBだったりPCアプリだったり、国用と地方用が別だったり、一つにまとめてれば開発費も減り、税金も大事できたのにと思う次第です。

BluetoothGattCallbackでonCharacteristicChanged前にSTATE_DISCONNECTEDが発生する

AndroidのBLE通信にて、通常はonConnectionStateChange(STATE_CONNECTED)→ onServicesDiscovered()→ onCharacteristicChanged() → onConnectionStateChange( STATE_DISCONNECTED)とイベントが発生しますが、

時折、 onConnectionStateChange(STATE_CONNECTED) → 十数秒経過 → onConnectionStateChange( STATE_DISCONNECTED) と、計測値をえられず切断されていまう事象が発生しました。

ログトレースを採ってみると、以下のような感じでした。STATE_DISCONNECTEDまで17秒。この時間はわりとコンスタントです。計測器に再Connectすると、正常に通信できます。

接続対象の計測器のようすは特におかしくないようです。保有している「Adafruit nRF51822搭載 Bluefruit LE Sniffer」では、周波数切替えで接続後のパケットが追えません。何か手続きの順序の誤りでしょうか?

比較的に顧客先で発生しやすいのでノイズ等の外乱でしょうか? (アプリだけの経験の方は分かりにくいとおもいますが、実車でUARTや232Cを使うとよく発生します)

Android内の異常でしょうか? これはちょっと改善しようがありません。

そこで、 onServicesDiscovered ()まで到達したらフラグ変数を立てておき、 STATE_DISCONNECTED 到達時に、そのフラグが立っていなかったら、切断されたと判断し、ユーザに再計測を促すようにしました。

        @Override
        public void onConnectionStateChange(BluetoothGatt gatt, int status, int newState) {
            switch  (newState ) {
            case BluetoothProfile.STATE_CONNECTED :   
             isServiceStart  = false;
                                ( 中 略 )

            case BluetoothProfile.STATE_DISCONNECTED :

                if ( isServiceStart == false ) { 
                    // 相手からの切断を通知
                     return;
                }
                                ( 中 略 )


        @Override
        public void onServicesDiscovered(BluetoothGatt gatt, int status) {
            super.onServicesDiscovered(gatt, status);

           isServiceStart  = true;

                                ( 中 略 )

本解決ではないですが、これでシステムの運用がエラーで中断されることは無くなります。電波状態や距離、遮蔽物によって、計測値を得る前に切れることは、実運用上も十分考えられますし、、、